【シンガポール】話題のレストラン、Burnt endsにいってみた!

シンガポールで今最もアツいレストラン!?

アメリカのレストラン情報誌、ザガット2014で、「世界で最も熱いレストラン10店」に選ばれたBurnt ends

シンガポールで話題となっていて、予約も1か月以上埋まっている超人気店。

アジアベストレストランにも!

アジアベストレストラン2018年にも12位にランクイン!

あの1名500ドル以上するワクギンよりも上位に君臨しています。

カウンターテーブルがおすすめです。

子供ずれもOKなようで、chef’s tableなら小さいお子様でも座ることができます。

あとはカウンター、2階、そしてbar seatsなのですが絶対におすすめしないのがbar seatsです。

2回目だったのと、予約がすぐ取れるのでbar seatsにしてみたところ、壁と向かってご飯を食べなきゃいけず、

バー用の席なので持たれることもできず結構しんどい…

気になる店内は?

てきぱきとシェフが料理しているところをカウンター越しにみることができます。

こちらのレストランは燻製料理が多く、香りが漂います。

シェフがカウンター越しにお客さんと会話しておすすめをしたりします。

気になる食事

こちらがウズラの卵を燻製し、キャビアをのっけたスターター。 8ドル

 

1番人気といわれるハンバーガー!

量が多いので半分にきって2人で分けました。

ザ・ジャンキーfoodという感じでマヨネーズとBBQソースが効いていて結構重い!

こちらロブスター たしか60ドルくらいはしたはず。

スパイスが上に乗っています。

季節によって魚介類の種類も違うみたいです。

少し焦げた感じとハーブがすごくあっていておいしい!

 

あれ、またマヨネーズ?(笑)

BBQをモチーフにしているようで、味付けにはBBQとマヨネーズが多いです。

被ると結構重たいのできついかも。。。苦しい。

 

 

こちらのデザートは普通

フルーツに砂糖と固いクッキーみたいな感じで、下にはクリーム。

 

これはホームメイドでおいしかったです!

 

 

カクテルがとってもおいしくて1杯21ドル~でした。

燻製好きな私にとって期待は大きかったですが、マヨネーズばかりとなってしまい味を壊しているようにも少し思いました。

マヨネーズ味付けが被らないように注文するのがおすすめです。

 

ロブスターが60から80ドルくらい、お酒も21ドルを2杯飲みましたので

2名で240ドル ほどでした。

お酒とロブスターを頼まなければ2人で100ドルくらいなので

この値段にしてはおいしかったかなという感想です!

いちばんのおすすめは燻製された卵にキャビアがのっていたスターターです!

これはここでしか食べれない味だと思います。

 

■20 Teck Lim Road, 088391
■6224 3933
■http://www.burntends.com.sg/